数字でカラダの硬さが大幅改善♪

数字でどこまで前屈ができるようになる?

はい、早速ですが

わたくし、カラダが劇的に硬いんです。

↓大真面目でこれ。

ふざけてるの??(笑)

と言われることが多いですが、

本人は大真面目です!!!!

 

今回LAのDEEPゼミ仲間に、

ヨガの先生の先生がいらっしゃり、

それはもうカラダが柔らかく、

カラダが整っていると心も整っているということを

目の前で拝見させていただきました。

 

なのでわたしもいい加減、硬さ自慢のカラダと

おさらばしようと思い立っての今回の実験です。

結果は・・・

前屈4

10分足らずでココまで行けました!

自分でも正直びっくり(・o・)

あとちょっと!

数字×ストレッチはなかなか効果が見込めそうな予感です♪

さて、やったことは・・・

数字ストレッチ

①が最初で④が最後。

この間に、前屈で違和感を感じたカラダの

4箇所に数字を書いたテープを貼っていきました。

この数字は個人個人、そしてカラダの部位によって異なるパーソナルな数字なので、いつもの「今日の数字」とは質が異なります。 

 

数字テープを貼った場所は、

太もも裏、肩甲骨、ふくらはぎ、膝裏です。

 

数字を貼るたびに前屈のストレスが軽減し、

カラダが柔らかくなっていき、

我ながらこの感覚は面白かったです!

 

ストレスなくストレッチをするということ

ストレッチも、カラダがそのポーズ(体制)を

とることにストレスを感じていたら

やはり柔らかくしていくのには時間がかかりますし、なかなか大変です。

カラダがストレスを感じているということは、

良かれと思って行うストレッチが逆に

カラダのエネルギーバランスを乱している

なんてこともある、ということです。

 

ですから、

バランス調整をした状態でストレッチ

をする。

 

これがカラダにとっても、

心にとっても安全で近道な気がします。

 

そして更に言うならば、

慢性的な硬さがある場合は

1回のバランス調整ではやはり

モチ(Keep力)がわるい

そんな時に数字テープを貼り続けて

おくことはとても有効なのではないかと

今回の実験で感じました。

 

テープで継続してバランス調整をすることで、

カラダにONを定着させていく。

そうした状態で前屈を繰り返すことで、

脳が前屈状態を記憶し、

前屈できることが当たり前の

カラダに切り替わっていく

というのが今のわたしの仮説です。

さて、どこまでいけるかな??

バランス調整をした後にヨガなり

筋トレなり、トレーニングをすると

きっと効果が高く、ストレスも少なく

続けることができるので、早く良い方向に

向かっていくのではないかと思います。

 

そして、今回の記事には書いていませんが、

過去の記憶の影響で、その体制をとることができないことがあります。

このような場合はキネシオロジーの

別の方法で調整した方が早いです。

この記事はまた後日・・・

 

とりあえず、手がぺたんと下についたことが

人生で一度もないので、

まずはそこを目指します!!!

 

 

さてさて、どうなることやら

数字ストレッチ

ABOUTこの記事をかいた人

Eriko Fuwa

2014年10月に顔面に大湿疹が出たことをきっかけに脱ステを開始。様々な自然療法や健康法を試した結果、行き着いたのがキネシオロジーです。 アメリカLAでHSKキネシオロジーを学び、たったの5日で湿疹が大きく改善。その後、キネシオロジーを使って自分を調整し続けた結果、長年の病の多くが改善。 (蕁麻疹・アトピー・アレルギー・生理不順・偏頭痛・低体温など)今は自分のカラダと向き合いながら、各種キネシオロジー(HSK・AP・脳のキネシオロジーLEAP1)を使ったセッションや、『数字』を使った調整をしています。 『数字』は、その人の身体の状態を計算して処方させていただく完全オリジナルのものとなります。数字を唱えたり、貼るだけで身体の電気信号が整い、多くの症状が改善しています。 遠くにいらっしゃっても数字を処方することができるので、電話やメールで数字の処方だけさせていただくこともあります。 ご興味がある方はご連絡くださいませ。 重度の症状が出ていた時、藁にもすがる思いで色々な情報を探し、沢山の方々に助けられました。なので、わたしも少しでも同じような苦しみで悩んでいる方々の力になれたら嬉しいです。 HSKキネシオロジーの腕押しセミナー、カフェキネシの各種講座も行っております。活動は主に愛知県・岐阜県です。