心が先か、カラダが先か・・・

準備ができているからこそ出てくる課題

心が先か、カラダが先か

つい最近、わたしの足首の弱さと捻挫グセから
過去の嬉しくない記憶に行き着きました。

確実にOFFで、
調整したほうが良さそうな記憶。。。

ただ最近思うのは、
無理やりでなく、
ふっとあがってきた記憶は
カラダが向き合える準備ができているからこそ
あがってきているということ。

そして、向き合うための準備は
意外なところでも日々しているようで、
今回の件はフィジカルなトレーニングが効いたっぽいです。

心とカラダは連動している

実はわたしは足の指が極端に弱いため、
足指のトレーニングを2週間ほど続けていました。

今回の記憶が浮上したのはちょうど
足の指に力がはいるようになってきたタイミング。
足の指の力で踏ん張れるようになってきたので、その上の捻挫、足首の問題解決の糸口が出てきたんだと思います。

足の指がぐらっぐらの状態で足首を整えようとしても難しいですからね・・・

そして今までの経験上、このカラダの変化と
心の変化は大いに関連してくると思います。

以前も、先に肉体を整えたときに
精神の問題が浮上してきたことがあったので、
メンタルばっかりを整えるのではなく、
フィジカルも整えること、
全体をバランス良く整えていくことはやっぱり大事だなと改めて。

考えすぎるタイプの人は
カラダを動かしたり、
筋トレするといいのかもね。

 
肝心の問題に向き合ってみたところ、
なにそれ?
そんなこと思ってたの??
っていう感情がすんなり出てきたので、やっぱりタイミング的にばっちし‎|•’-‘•)و✧
心が先か、カラダが先か

ABOUTこの記事をかいた人

Eriko Fuwa

2014年10月に顔面に大湿疹が出たことをきっかけに脱ステを開始。様々な自然療法や健康法を試した結果、行き着いたのがキネシオロジーです。 アメリカLAでHSKキネシオロジーを学び、たったの5日で湿疹が大きく改善。その後、キネシオロジーを使って自分を調整し続けた結果、長年の病の多くが改善。 (蕁麻疹・アトピー・アレルギー・生理不順・偏頭痛・低体温など)今は自分のカラダと向き合いながら、各種キネシオロジー(HSK・AP・脳のキネシオロジーLEAP1)を使ったセッションや、『数字』を使った調整をしています。 『数字』は、その人の身体の状態を計算して処方させていただく完全オリジナルのものとなります。数字を唱えたり、貼るだけで身体の電気信号が整い、多くの症状が改善しています。 遠くにいらっしゃっても数字を処方することができるので、電話やメールで数字の処方だけさせていただくこともあります。 ご興味がある方はご連絡くださいませ。 重度の症状が出ていた時、藁にもすがる思いで色々な情報を探し、沢山の方々に助けられました。なので、わたしも少しでも同じような苦しみで悩んでいる方々の力になれたら嬉しいです。 HSKキネシオロジーの腕押しセミナー、カフェキネシの各種講座も行っております。活動は主に愛知県・岐阜県です。