大切な人が癌になった。この時に学んできたことが活かされれば本物。

大切な人を元気にできる力

※今日は自分のための日記。

大切な人が癌になった。

本人も、その周りの人も不安で押し潰されそうな状況。

そして、私自身も聞いたときにショックをうけたし、大きな不安が押し寄せました。

 

今のわたしにできることは
一体何なんだろうか?

 

ここ数年、カラダのことは色々勉強しているし、
自分自身が大きな湿疹を乗り越えた経験があるから
できることが沢山あるのは知ってはいる。
そして、わたし自身のスキルもついてきている。

でも、本人の意思を尊重したいし、
押し付けたくない。

かといって何もしないのは違う。

 

そんな葛藤があり、
どんな選択がいいのだろうと悩んだ結果、
わたしが心から良いと思っている還元くんを
まずはプレゼントすることにしました。
※還元くんと私についての記事はコチラ

 

その方はものすごく現実主義者だから
わたしの話は理解してもらえない可能性の方が高い。

それでもいい。

使ってくれなくてもいい。

わたしがプレゼントしたいからする。

あとはご本人の選択だから、
還元くんを置いて帰るだけでいいや、
くらいの気持ちで訪問しました。

 

すると・・・
結果は予想とは全く違い、
とても真剣に話を聞いてくれたし、
嫌がるだろうなと思っていた
数字のバランス調整、
経絡の調整もして帰ることに。

(数字に関しては、人のカラダの計算をし
ているだけだと腑に落ちたこともあり、
今までとまた違った感覚でカラダの深い部分を調整できた気がします。)

 

結果、ご家族も耳鳴りが改善されたみたいで、
それだけでも行ってよかった、と本当にそう思いました。

 

そんな帰り際、

今後に希望と光がみえてきた。
未来の考え方が来てもらう前とぜんぜん違う。
なんか治る気がしてきたし、旅行にも行きたいね。
本当にありがとう。

というありがたい言葉をいただきました。

 

あぁ、わたしはこれだけでお腹いっぱいだと思った。

 

自分のために学んでいることが、
いざという時に大切な人が前を向くための力になる。

こんな幸せなことはないなぁと
改めて思いました。

 

自分が湿疹で苦しまなかったらこんな力はついていなかった。

大切な人が弱っていく姿を指をくわえて見ているだけだったと思います。

実際そんな経験を過去に何度もしてきたし、そのたびに自分の無力感を感じていました。

でも湿疹を機に、
学ばざるを得ない状況になった。
苦しいこともたくさんあったけど、
湿疹になったお陰で知識も力もたくさん
身に付いたわけで、本当によかったと、
今では心からそう思えます。

 

起こる全てのことに意味がある。

すべてをそう捉えるのは難しいことかもしれないけれど、
自分と向き合い続けたらきっと
その意味が少しずつ解けてくるんだろうなぁと
そう思った1日でした。

 

 

今日は本当にただの日記。
今日のこの気持ちを忘れないようにしたい。

 

※LINEアカウント作ってみました。
今日の数字など、お知らせしていけたらと思います。
よろしければ友だち追加していただけると嬉しいです。

友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

Eriko Fuwa

2014年10月に顔面に大湿疹が出たことをきっかけに脱ステを開始。様々な自然療法や健康法を試した結果、行き着いたのがキネシオロジーです。 アメリカLAでHSKキネシオロジーを学び、たったの5日で湿疹が大きく改善。その後、キネシオロジーを使って自分を調整し続けた結果、長年の病の多くが改善。 (蕁麻疹・アトピー・アレルギー・生理不順・偏頭痛・低体温など)今は自分のカラダと向き合いながら、各種キネシオロジー(HSK・AP・脳のキネシオロジーLEAP1)を使ったセッションや、『数字』を使った調整をしています。 『数字』は、その人の身体の状態を計算して処方させていただく完全オリジナルのものとなります。数字を唱えたり、貼るだけで身体の電気信号が整い、多くの症状が改善しています。 遠くにいらっしゃっても数字を処方することができるので、電話やメールで数字の処方だけさせていただくこともあります。 ご興味がある方はご連絡くださいませ。 重度の症状が出ていた時、藁にもすがる思いで色々な情報を探し、沢山の方々に助けられました。なので、わたしも少しでも同じような苦しみで悩んでいる方々の力になれたら嬉しいです。 HSKキネシオロジーの腕押しセミナー、カフェキネシの各種講座も行っております。活動は主に愛知県・岐阜県です。